会員登録 ログイン

ホーム > プレスリリース一覧 > 【エヌエスケミカル】「O.R.S経口補水塩タブレット」

プレスリリース

【エヌエスケミカル】「O.R.S経口補水塩タブレット」

水に溶かして水分補給
夏場の暑熱対策に最適

エヌエスケミカル(江戸川区平井5-44-6、末田哲徳社長)では今年3月より、輸入商社であるアドバンス社の販売代理店として、イギリスの製薬会社・クリノバ社製の「O.R.S経口補水塩タブレット」を販売中。タブレット1粒を100~500ミリリットルの飲料水に溶かすことで、ミネラル・カリウムなどの電解質やグルコースを含む経口補水液を作ることができることから、夏場におけるパフォーマンスの維持や脱水予防のため、プロスポーツの現場や学校、工場などで幅広く採用されている。
 体を循環する液体には、ナトリウムやカリウムなどの電解質が多く含まれている。発汗すると、水分と同時にナトリウムなどの電解質も失われ、筋肉の硬直が起こりやすくなる。また脱水症状が進むと、体力が急激に低下するほか、老廃物の排泄などの面で問題が起こる。
 「O.R.S経口補水塩タブレット」の特徴には、①脱水予防から緊急時の脱水まで、様々なシーンに対応可能②タブレット形状であるため持ち運びも便利③砂糖未使用ながらもレモン味であるため、後味がすっきりとしていて飲みやすいーー、などがある。
 容量は、タブレット1粒で3グラム。価格は1粒155円。12粒入りで1,860円(税抜)、100粒入りで15,500円(税抜)。
 同社では「塩熱飴に比べて糖度が低い点を前面に出し、工場、工事現場などの工業関連の顧客を中心に、幅広く販売していく方針」(末田社長)としている。
 詳細は同社(03-6657-2975)。

プレスリリース一覧ページへ

このページのトップへ