会員登録 ログイン

ホーム > 溶接接合業界ニュース > 就職氷河期世代,資格習得事業,全国3地区で開催

溶接接合業界ニュース

就職氷河期世代,資格習得事業,全国3地区で開催

 日本溶接協会は、厚生労働省から受託した就職氷河期世代を対象とする受講料無料の短期資格習得コース事業の受講生を募集している。「就職氷河期世代(満35歳以上55歳未満)の未就労、または非正規社員の方」らを対象に、短期間で効果的に溶接技能を習得、資格取得のうえで就職につなげる「出口一体型」の効果的なプログラムを提供する。
 それぞれの会場は、北海道は王子工営北海道(苫小牧市)、関東地区は日本溶接技術センター(川崎市川崎区)、九州地区は、サンキュリサーチアンドクリエイト西日本能力開発センター(北九州市八幡西区)、セイシンコンピタンスサポート溶接技能者者育成センター(久留米市)、熊本県産業技術センター(熊本市東区)の3会場。
 受講者の応募資格は、基準日(訓練開始月の前月末日)時点で35歳以上?55歳未満。
 アルバイトなどの非正規社員や未就労状態を対象とする。受講料は原則無料(保護具等は自己負担)とする。訓練期間は最大2ヵ月程度とし、安全教育などの予備教育、JIS手溶接や半自動溶接基本級などの基礎技能教育、選択制で半自動専門級などの応用技能教育を標準のカリキュラムとしている。
 受講の問い合わせは日本溶接協会、電話03―5823―6322まで。


提供元:産報出版株式会社

溶接接合業界ニュース一覧ページへ

このページのトップへ