会員登録 ログイン

ホーム > 溶接接合業界ニュース > 溶接協会、建設技術者向けセミナー好評

溶接接合業界ニュース

溶接協会、建設技術者向けセミナー好評

日本溶接協会は2月7日、東京・千代田区の溶接会館で、講習会「2019年度建設業界向け生産性向上支援訓練・応用実践編」を開いた。ゼネコンや機械メーカーの技術者など約40人が参加した。本講習会は、1月に開かれた基礎編に続き実施されたもので、「高齢・障害・求職者雇用支援機構東京支部生産性向上人材育成支援センター(生産性センター)」からの業務委託として日溶協が開催した。講師は平田好則(大阪大学)、篠?賢二(呉工業高等専門学校、広島大学)、浅井知(大阪大学)の3氏が務めた。講習会の目的である、建築鉄骨の溶接設計や施工に関わる中堅技術者が生産現場の問題点を発見し、解決できる知識や技能を習得できる内容を詳細に解説した。


提供元:産報出版株式会社

溶接接合業界ニュース一覧ページへ

このページのトップへ