会員登録 ログイン

ホーム > 溶接接合業界ニュース > 第45回 技能五輪国際大会 溶接は銅メダル、構造物鉄工5位

溶接接合業界ニュース

第45回 技能五輪国際大会 溶接は銅メダル、構造物鉄工5位

第45回技能五輪国際大会がロシア連邦・カザンで、8月23日―26日まで開催された。62ヵ国・地域の1348選手が参加し、56職種で技能を競い、日本は金メダル獲得数で全体7位の成績だった。
 日本選手団は42職種48人が参加。溶接が中心技能となる競技種目では、溶接職種の吉田悠太選手(日立インダストリアルプロダクツ)は3位銅メダル。構造物鉄工の牧野寛也選手(三菱重工業)は5位敢闘賞を獲得した。溶接職種は中国とロシア、構造物鉄工は韓国が金メダルとなった。
 この他、溶接関係職種では自動車板金職種の加藤宏基選手(トヨタ自動車)が銅メダルを獲得した。金メダルは情報ネットワーク施行の志水優太(きんでん)、産業機械組立ての坂元裕二郎(デンソー)の2選手が獲得した。金メダル獲得上位は1位中国16個、2位ロシア14個、3位韓国7個。


提供元:産報出版株式会社

溶接接合業界ニュース一覧ページへ

このページのトップへ