メルマガ登録会員登録 ログイン

ホーム > 溶接接合業界ニュース > 日溶協、溶接技能者教育を推進、4月から神奈川県で定例講習会

溶接接合業界ニュース

日溶協、溶接技能者教育を推進、4月から神奈川県で定例講習会

日本溶接協会は4月3日、4日の両日、川崎市川崎区の日本溶接技術センターで溶接技能向上のための講習会を開催する。日溶協では1月の千葉県を皮切りに、3月24日、25日には静岡県(会場=ポリテクセンター静岡)で溶接技能者評価試験受のため講習会を企画。この2回のトライアルを経て、4月以降、神奈川県で定例的に講習会を開催する計画だ。4月の講習会は3日に半自動溶接、4日に被覆アーク溶接の各学科講習を開講する。定員は各30人、受講料は1万2960円。
学科講習終了後の確認試験で80点以上あれば溶接技能者評価試験の学科を免除する(学科試験の免除期間は確認試験の合格日から3年間)。申し込み・問い合わせは、神奈川県溶接協会(電話044―233―8367、http://www.jwes-kanagawa.jp/)で受け付ける。


提供元:産報出版株式会社

溶接接合業界ニュース一覧ページへ

このページのトップへ