会員登録 ログイン

ホーム > 溶接接合業界ニュース > 愛知県工業高校生溶接競技大会アート部門、最優秀賞は岡崎工科高等学校の「鯨波の声(ときのこえ)」

溶接接合業界ニュース

愛知県工業高校生溶接競技大会アート部門、最優秀賞は岡崎工科高等学校の「鯨波の声(ときのこえ)」

 愛知県高等学校工業教育研究会主催、愛知県溶接協会共催による令和3年度第13回愛知県工業高校生溶接競技大会、アート部門の審査会が12月17日、名古屋市南区阿原町の県立名古屋工科高等学校で開催、県内の工業高校から35作品が出展された。
 今回は「情熱」がテーマだ。審査にあったてはこのテーマに沿った作品であるか、またオリジナリティ、造形的完成度などの芸術点。溶接技術、難易度の加工技術の高さなどの技術点から採点が行われた。
 その結果、最優秀賞の県知事賞に輝いたのは県立岡崎工科高等学校の坂井信弥さん、後藤駿さんほか4人で製作したタイトル「鯨波の声(ときのこえ)」。優秀賞の市長賞には県立春日井工科高等学校の倉知晃汰さんほか2人による「情熱の愛?届ける思い?」、同職業能力協会長賞には県立愛知総合工科高等学校・機械工科の冨田新之助さんほか11人による「夢結いし燈牛」、同愛知県溶接協会長賞には同高等学校・機械制御科の君島秀明さんほか14人による「熾烈な神馬」、同産報出版賞には同高等学校・機械加工科の堀尾勇友さんほか7人による「プライドを守る」が選出された。  
 最優秀賞の「鯨波の声(ときのこえ)」は「鯨波の声とは仲間を鼓舞するために、多数の生命が一緒に叫ぶ声という意味がある。クジラは仲間とのコミュニケ-ションをとるために歌を歌うと言われており、クジラの歌声とあらゆる生物の力強さを作品にすることで、今回のテーマである情熱を表現した」が作品のコンセプト。
 この他の受賞作品は次のとおり。
 ▽佳作=不死鳥(亨栄高等学校、安保勇誠さんほか4人)Flower of passion(愛知産業大学工業高等学校、水谷颯汰さん)祝福のバラ?50年の歴史?(県立碧南工科高等学校、井上航さんほか3人)▽奨励賞=友(県立名古屋聾学校、石山晴毅さん)勝利の雄叫び(県立春日井工科高等学校、山下雅史さんほか3人)熱き戦士(県立名古屋聾学校、平井翔さん)▽努力賞=ハートに矢が刺っている(県立豊橋工科高等学校、岡田蒼杜さんほか6人)薔薇エティ(県立小牧工科高等学校、山田泰裕さんほか4人)


提供元:産報出版株式会社

溶接接合業界ニュース一覧ページへ

このページのトップへ