会員登録 ログイン

ホーム > 溶接接合業界ニュース > 溶接技能習得VRが最優秀賞

溶接接合業界ニュース

溶接技能習得VRが最優秀賞

 神鋼エンジニアリング&メンテナンス(神戸市灘区)とイマクリエイト(東京・港区)が共同提供するVR溶接トレーニングソリューション「ナップ溶接トレーニング」が溶接界のみならず、XR(VR、AR、MR)業界でも高い評価を得ている。同機は9月4日、国内XRの業界団体、XRコンソーシアム(藤井直敬代表理事)が主催するXR製品・作品のコンテスト「XRクリエイティブアワード2021」で、ゲーム、エンターテイメント、サイエンス、アートなど異業種の製品・作品が並ぶ中、見事、最優秀賞を獲得した。
イマクリエイトの山本彰洋CEOは、「良いパートナーと巡り会ったからこその受賞。これからも質の高い仕事を再現性を持って続けることで来年以降も受賞を狙って制作に臨みたい」と喜びの笑みを浮かべた。
 「ナップ溶接トレーニング」は、VR空間で熟練溶接士の動きを3Dモデルで再現し、その身体の動きを真似ながら溶接技術を学ぶことができる溶接トレーニングソリューション。難易度の高い溶接技能をVRを活用して効率的に習得することを目的に開発した。
 バーチャル上に熟練溶接士の動きを3Dモデルで再現し、熟練溶接士の手の動かし方や視線の動かし方を可視化することで、技能伝承にかかる時間を短縮させる。また、本来の溶接作業は強いアーク光を直視することができないため、感覚的に技術を覚えるしかなかったが、VR空間上ではアーク光を消すことができるため溶接部を見ながら勉強することができる。
 「XRクリエイティブアワード2021」の授賞式では、藤井代表理事が「テーマである現在から未来を見据えるという千里眼の趣旨にふさわしい。溶接のような高度な技術を、いかに伝えていくのかという日本が抱える社会課題の解決につながる」などとし、同技術を賞賛した。


提供元:産報出版株式会社

溶接接合業界ニュース一覧ページへ

このページのトップへ