会員登録 ログイン

ホーム > 溶接接合業界ニュース > 米グーグルG製造業に参画、溶接ティーチング簡略化示唆

溶接接合業界ニュース

米グーグルG製造業に参画、溶接ティーチング簡略化示唆

 米グーグル社の持ち株会社の一つである米アルファベット社は7月23日、産業用ロボットの制御ソフト会社「イントリンシック」を設立した。複雑なロボット作業の設定をAIを駆使して、容易・短時間・低コストで行えるようにして汎用化することを目的に事業開発を進めていくという。
 新会社の最高経営責任者に就任したウェンディ・タン・ホワイト氏は同日、ブログで会社設立の目的を説明。また、「世界経済フォーラムのデータでは、現在世界中で販売される7割の製品は10ヵ国の企業で製造されている。特に1位の中国は約29%、2位のアメリカが約17%、3位の日本が約7%、続いてドイツ、韓国、インド、イタリアなど。つまり、世界中のほとんどの製品は、最終消費者のいる国から遠く離れた場所で製造されている。そのため多くの物流が必要となり、二酸化炭素排出量の増加につながっている。くわえてこの10ヵ国以外の国や企業がビジネスチャンスを逃している」とコメントした。
 また、同氏はデロイトトーマツグループのリポートを引用して、米国の製造業は30年までに210万人の人員不足に陥り、供給が需要に追い付かなくなることを指摘。産業用ロボットを、より容易に導入できる環境の必要性をコメントしている。
 産業用ロボットの導入が世界的に遅れる要因については、「ロボットが自らの物理的環境を理解するセンサーやソフトウェア技術が不足していることが産業業ロボットの導入を遅らせている。ロボットへのティーチング作業はここ数十年間大きな進展がない。金属パーツの溶接・電子機器のケースの接合など、繰り返し作業の設定に対して、プログラマーが数百時間を費やしている上に、プラグやケーブルを組付けるといった動作は依然自動化されない」(ウェンディ・タン・ホワイト氏)
 同氏の研究チームでは、この課題に対して、ロボットによる感知・学習・調整の技術を研究している。既に自動感知や機械学習、強化学習、運動制御・運動計画、シミュレーション、力制御などの技術を試験し、実用化されれば、ロボットの用途は格段に広がるという。実際に同氏の研究チームでは、数百時間の設定が必要だった部品連結作業の動作を2時間に短縮。複数のロボットアームが協調し、建築部品や家具を組み立てる試験も行っている。
 一方で、このオートメーション技術は従来製造技術とのコスト比較が避けて通れない。イントリンシックはもともと、世界的な問題を新技術で解決することを目指す米アルファベット社の先端技術研究部門「X」の一つのプロジェクトで、21年1‾3月期は売上高約218億円に対し、営業損益は約1263億円の赤字だ。
 米グーグル社は以前からロボット事業に興味を示しており、13年に人型二足歩行ロボットや犬型四足歩行ロボットなどを開発した米ボストン・ダイナミクス社を買収した。しかし17年に同事業をソフトバンクグループに売却するなど、これまでに複数のロボットプロジェクトが立ち消えになっている。適正なコストは全ての製造業者にとっての大きな課題であり、ソフトウェアの巨人が製造業に参画する動きには世界中が注目する。


提供元:産報出版株式会社

溶接接合業界ニュース一覧ページへ

このページのトップへ